Office Data Service Co., LTD. ENGLISH
オフィスデータサービス株式会社
HOME 会社案内

代表挨拶

 当社グループは、不動産のトータルマネジメント企業としてクライアントの利益最大化を目的としたサービスを提供するため、現在の不動産流動化・証券化という流れに乗り、優良不動産発掘のためのデューデリジェンス、不動産コンサルティングを基点に、プロパティマネジメント・ビル管理業務の受託、アセットマネジメントの受託、そして受託したAM、PMビルに係る賃貸仲介、工事・リノベーション、売買仲介と一連の事業をグループ企業内におきまして、ワンストップで展開しております。当社グループの中期経営計画では以下の3点に注力します。

●PM(プロパティマネジメント)事業の拡大
オフィスビル、レジデンス等の建物管理事業及びPM事業は、近年の不動産証券化、流動化の流れと共にマーケットが急拡大しており、当社PM事業でも、不動産ファンド会社からの直接のPM受注を見込み、3年後には、PM延べ床77,000坪を目指しております。また、受託したPMビルに係る一連のニーズにも、当社グループ企業内にて対応する事により、リーシング、工事・リノベーションといった事業の拡大にも繋げてまいります。

●オフィス・店舗リーシング事業の強化
オフィス・店舗リーシング事業は、創業時より蓄積した物件データ及び賃貸相場等マーケティング力を活かし、お客様のニーズを早期に察知し、よりマッチした物件の紹介をスピーディーに行ってまいります。また、物件の稼働率の向上により、不動産ファンド会社やビルオーナー様からの信頼度を上げ、より安定的な収益を生み出せるようにリーシング事業を強化してまいります。

●アセットマネジメント事業の強化
アセットマネジメント事業は、不動産及び有価証券に係る投資顧問事業にみられるように、不動産私募ファンドや上場Jリートの隆盛等、もっとも注目を集めている事業の一つであります。不動産流動化事業の中心的役割はアセットマネージャーが担っています。優良不動産の発掘から、スキームの提案、不動産利益の維持・拡大、そして出口戦略です。当社の取引先である不動産ファンド会社の信頼を背景として預かり資産残高500億円を目指します。

当社は創業から10年と若い企業であり、オフィス・店舗リーシング事業では東京都内を中心に実績を積んできておりますが、不動産流動化関連事業では一部のファンド事業者のみ認知されているのが現状であります。今後は広報活動にも努め、認知度の向上を図り、より多くのお客様に、より質の高いサービスを提供し、不動産サービス分野で顧客満足度ナンバーワン企業を目指します。また、公正な企業活動を通じ、社会の利益及び社会の発展に貢献してゆく所存でございます。

代表取締役
中嶋 祐司